ニードル脱毛について

ニードル脱毛について
ニードル脱毛はレーザーなどがあてられないような目の近くなども脱毛することができます。
例えば眉毛下部などはレーザーは危険なのでニードル脱毛でないと無理です。

ニードル脱毛をする際に知っておきたいこと

レーザー脱毛をある程度したあと、それほどもう毛がないけど、少し処理できればという時は、ニードル脱毛のほうが料金体系によっては安上がりかもしれません。
そして毛根を完全に焼くことができれば毛はもう生えてきません。
そして、レーザー脱毛は色の薄い毛には効果が限定的ですが、ニードル脱毛は毛の色が薄かろうが、産毛だろうが針がちゃんと入って毛根を焼くことができれば脱毛が可能です。
日焼けした肌もレーザー脱毛はできませんが、ニードル脱毛は肌の状態が悪くなければ問題なく脱毛できます。

ニードル脱毛は痛い

ニードル脱毛はレーザー脱毛よりフレキシブルですが、痛みは体の部位によってかなり差があります。
ハリを刺して電気を通すため、わきの下などは痛みを感じやすいから麻酔をかける場合もあるようです。
肌を氷で冷やして麻痺させてから針を刺して脱毛する所もあるようです。
どちらにしても痛みはそれほど減らせませんので、覚悟がないと中々続かない脱毛方法ではないでしょうか。
後、毛抜きなどで何度も脱毛し、毛根が曲がっていたりすると一度のニードル脱毛で完全に処理は難しいことがあるようです。
最悪はまた生えてきますが、その時はニードル脱毛前より毛が若干細くなっていたりするし、毛根もまっすぐになりはじめています。
最悪は何度か繰り返すようがでてきますので、ニードル脱毛をはじめたら、毛抜きで処理するのはやめたほうが無難です。

柏のおすすめ人気脱毛サロンランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*