家庭用脱毛器について

家庭用脱毛機について
最近では、丸洗い可能やお風呂場で使用できるような防水タイプの家庭用脱毛器があります。
脱毛する部位(腕、脚、ワキ)によって使用する部品を取り替えることができます。
本体は充電式です。
ある程度の毛の長さがないと、脱毛器が毛を挟むことができません。
また毛が長すぎると、引っ張るときに痛みが強くなって感じることもあります。

家庭用脱毛器のメリット

いつでも気軽に自宅で脱毛ができるところです。
お店だとコストもかかるし、お店を探して予約をしなければなりません。
一時的に行った場合でも、定期コースを勧められたりと勧誘がしつこいこともあります。
最近の脱毛器はコードレスやお風呂場で使用できるものなど、各メーカーからいろんなタイプのものが発売されていますので、選択の範囲も広がっています。
以前に比べ購入しやすい価格にもなっています。
脱毛というと痛いイメージがありますが、お風呂場で使用できるものは、お風呂で肌が柔らかくなっているので、脱毛する際、痛みを感じにくくなっていますし、それ以外のタイプのものもほとんどが痛みを軽減しているので、気軽に試せます。

家庭用脱毛機のデメリット

やはり剃り残しがあることです。
背中や二の腕は手が届きにくく、肘、膝の周辺は角度が難しいので、完全には脱毛することはできません。
使用後、肌に赤いプツプツができたり、痒くなってしまうこともあります。
お店では事前にパッチテストや肌の状態をきちんと見てくれるので、肌荒れを起こすことは100パーセントではありませんが、防げます。

柏のおすすめ人気脱毛サロンランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*