産後の自己処理によるムダ毛処理の注意点について

産後のムダ毛処理は自己処理で対応

産後の女性
産後は、妊娠中に赤ちゃんの体に女性ホルモンが行き渡る影響により、女性の体は女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなります。

そのため、ホルモンバランスが乱れることで肌の状態も乱れるので、肌が荒れやすくなります。

特に、男性ホルモンの割合が多くなることでムダ毛が濃くなりやすい上に、ムダ毛が生える速度が妊娠前より早まる傾向にあります。

なので、自己処理によるムダ毛処理に割く手間を省くためにサロンやクリニックに通っても、産後の女性の利用は基本的に断られます。

なぜなら、産後の女性が脱毛施設で脱毛を受けても、光やレーザーがメラニンに反応しにくくなるからです。

その上、産後の肌が敏感な影響により火傷しやすくなるためです。

けれども、産後から半年経つとホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るので、ホルモンバランスが改善されれば脱毛施設で脱毛を受けても断られません。

とはいえ、産後はムダ毛と向き合う必要があるので、自己処理で対応することになります。

短時間で行える方法でムダ毛処理する

また、自己処理において赤ちゃんの面倒を見る必要があるので、空き時間に短時間で行える方法でムダ毛処理するのがポイントとなります。

よって、広範囲のムダ毛を剃る剃刀や電動シェーバーが、産後のムダ毛処理の方法として適しています。

けれども、剃刀は電動シェーバーより刃を肌に直接当てることになるので、電動シェーバーと比較して肌を傷つけやすいです。

なので、産後の肌のムダ毛処理において肌に刺激を与えにくく、肌荒れに悩まされにくい自己処理は電動シェーバーとなります。

ただし、電動シェーバーでのムダ毛処理の注意点として、剃る前と剃った後に必ず肌を保湿しないと、肌のトラブルを起こす可能性が高まることです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*