埋没毛が出来る原因と解消するための処理の仕方

埋没毛について考える女性

ムダ毛を自己処理した後に肌に黒いブツブツが出来てしまう事があるでしょう。この黒いブツブツは埋没毛と呼ばれていて痛みが出るわけではないので放置してしまう人も多いです。しかし放置してしまうと炎症が起こる可能性があるので早めに改善していく必要があります。埋没毛を解消していくにはまず原因から把握してその後に対策していく事が大切になってきます。そこで埋没毛が出来る原因と解消するための処理の仕方を確認していきましょう。

埋没毛が出来る原因

ムダ毛を自己処理をする時にカミソリを使用しますが、毛が生えている向きに沿って剃るのが基本になります。しかし毛が生えている向きと逆方向に沿ってしまうと肌に負担がかかってしまうのでバリア機能が働いて皮膚を覆ってしまいます。またシェービングクリームを使用しないで剃った時もバリア機能が働いて皮膚を覆ってしまいます。それで埋没毛が出来てしまう事が多いです。

埋没毛を解消するための処理の仕方

埋没毛を解消するためにはシェービングクリームを塗ってから毛が生えている向きに沿って剃るようにする方法もありますが、確実性という点では疑問が残ります。確実に埋没毛を改善するためには肌に負担をかけないようにする事が大切になってくるので脱毛した方がいいです。脱毛サロンでは光脱毛を採用していて照射する光の出力が弱いので肌に負担をかけないで脱毛する事が出来ます。それにより自己処理をする必要がなくなるので埋没毛を解消していく事が出来ます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*