脱毛コラム

埋没毛が出来る原因と解消するための処理の仕方

埋没毛について考える女性

ムダ毛を自己処理した後に肌に黒いブツブツが出来てしまう事があるでしょう。この黒いブツブツは埋没毛と呼ばれていて痛みが出るわけではないので放置してしまう人も多いです。しかし放置してしまうと炎症が起こる可能性があるので早めに改善していく必要があります。埋没毛を解消していくにはまず原因から把握してその後に対策していく事が大切になってきます。そこで埋没毛が出来る原因と解消するための処理の仕方を確認していきましょう。

埋没毛が出来る原因

ムダ毛を自己処理をする時にカミソリを使用しますが、毛が生えている向きに沿って剃るのが基本になります。しかし毛が生えている向きと逆方向に沿ってしまうと肌に負担がかかってしまうのでバリア機能が働いて皮膚を覆ってしまいます。またシェービングクリームを使用しないで剃った時もバリア機能が働いて皮膚を覆ってしまいます。それで埋没毛が出来てしまう事が多いです。

埋没毛を解消するための処理の仕方

埋没毛を解消するためにはシェービングクリームを塗ってから毛が生えている向きに沿って剃るようにする方法もありますが、確実性という点では疑問が残ります。確実に埋没毛を改善するためには肌に負担をかけないようにする事が大切になってくるので脱毛した方がいいです。脱毛サロンでは光脱毛を採用していて照射する光の出力が弱いので肌に負担をかけないで脱毛する事が出来ます。それにより自己処理をする必要がなくなるので埋没毛を解消していく事が出来ます。

脱毛サロンの勧誘の上手な断り方

脱毛サロンの勧誘を上手く断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンというは、まずはお試しで利用し、カウンセリングなどを受けてから長く続けることが出来るサロンを決定したいという方が多いのではないでしょうか。しかし、脱毛サロンの施術を受けたらその後も通ってもらおうと、執拗な勧誘されてしまうため、安易に試すことができないと思われている方も多いとされています。しかし、勧誘を断る方法というのは多数あり、それを実践することで上手に勧誘を断ることが出来るのです。

相手を傷つけないように断りたい場合

勧誘を断るためにお金がないというワードを使われる方もいますが、今はカードなどで分割支払いが少額からも可能ですので、上手に断るという意味では効果は薄いと言えます。
もしも試してみた脱毛サロンがあまりよくないと思っても、相手を傷つけないように断りたい場合は、効果がどれ程あったのか時間をおいて見てみたいということを告げることが大切です。
なかにはその断り方をされても、キャンペーン中だから今契約をした方がいいと言われることもありますが、キャンペーン中という言葉に惑わされないようにしなくてはなりません。勧誘というのは時間が許す限り続きますので、お試しで足を運ぶ時には、事前に何時までにはサロンをでなくてはならないということを告げておくと、執拗な勧誘を受けることなくすんなりとサロンを出ることも出来ます。

産後の自己処理によるムダ毛処理の注意点について

産後のムダ毛処理は自己処理で対応

産後の女性
産後は、妊娠中に赤ちゃんの体に女性ホルモンが行き渡る影響により、女性の体は女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなります。

そのため、ホルモンバランスが乱れることで肌の状態も乱れるので、肌が荒れやすくなります。

特に、男性ホルモンの割合が多くなることでムダ毛が濃くなりやすい上に、ムダ毛が生える速度が妊娠前より早まる傾向にあります。

なので、自己処理によるムダ毛処理に割く手間を省くためにサロンやクリニックに通っても、産後の女性の利用は基本的に断られます。

なぜなら、産後の女性が脱毛施設で脱毛を受けても、光やレーザーがメラニンに反応しにくくなるからです。

その上、産後の肌が敏感な影響により火傷しやすくなるためです。

けれども、産後から半年経つとホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るので、ホルモンバランスが改善されれば脱毛施設で脱毛を受けても断られません。

とはいえ、産後はムダ毛と向き合う必要があるので、自己処理で対応することになります。

短時間で行える方法でムダ毛処理する

また、自己処理において赤ちゃんの面倒を見る必要があるので、空き時間に短時間で行える方法でムダ毛処理するのがポイントとなります。

よって、広範囲のムダ毛を剃る剃刀や電動シェーバーが、産後のムダ毛処理の方法として適しています。

けれども、剃刀は電動シェーバーより刃を肌に直接当てることになるので、電動シェーバーと比較して肌を傷つけやすいです。

なので、産後の肌のムダ毛処理において肌に刺激を与えにくく、肌荒れに悩まされにくい自己処理は電動シェーバーとなります。

ただし、電動シェーバーでのムダ毛処理の注意点として、剃る前と剃った後に必ず肌を保湿しないと、肌のトラブルを起こす可能性が高まることです。

ワキガになる原因とレーザー脱毛によってワキガが改善される理由について

脱毛でワキガを改善できる!?

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛の汗に雑菌が混じることにより汗が臭いを発することが原因となります。

なぜなら、ワキガの臭いを発する原因となる雑菌が、脇毛の毛根に繁殖するほど、脇からかく汗が臭いを発するようになるからです。

そのため、脇毛に雑菌が繁殖しないように脇毛を脱毛することで、ワキガになる可能性を減らすことが可能となります。

理由は、脇毛が短くなることで雑菌が繁殖しにくくなるので、脇毛が短いとワキガの臭いを抑えることができるからです。

また、脱毛施設に通って永久脱毛を施してもらうと、深い毛根を無くすことが可能となるので無駄毛だけでなく脇毛も生えにくくなります。

その影響により、脇毛に繁殖する雑菌を減らせるので、ワキガの臭いは脇毛が生えている状態より抑えることができます。

なので、ワキガの原因に繋がる脇毛を生えにくくできる永久脱毛を受けることで、ワキガに悩まされなくなります。

とはいえ、アポクリン腺の量には個人差がある上に、アポクリン腺が多い人ほど脇毛が多い傾向にあります。

よって、アポクリン腺が多い人は施設での脱毛を受ける回数が増えることになります。

ワキガの臭いが気にならなくなる

クリニックで受けれるレーザー脱毛で永久脱毛を施すと、脇毛を生えにくくできるのでワキガの臭いが気にならなくなります。

けれども、アポクリン腺が多い人だとレーザー脱毛によってワキガの臭いを改善するには、脱毛施設に通うための費用と行く時間を多く確保する必要があります。

低コストで安全なアンダーヘアの処理方法

アンダーヘアのおすすめの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアを手っ取り早く処理したい場合、特にお勧めなのが低コストで済むシェービングやカミソリの利用です。

シェービング及びカミソリ等のような安くて身近にあるアイテムなら、いつでもどこでも思い立った時にケアできるので、この方法で処理する人も少なくありません。

ただし何度もカミソリで剃っていると、カミソリ負けによる色素沈着が発生するリスクも伴うので注意が必要です。適当に周期を置いてから、シェービングやカミソリで処理するのが望ましいのは言うまでもありません。

また、カミソリを直接肌に当てるのが怖い場合は、ヒートカッターという熱でアンダーヘアを処理する道具もあるので注目です。これなら肌を痛めることもないので、誰でも安心して利用できるのは間違いないでしょう。

保湿ローション等でのアフターケアも欠かさずに

これらの他にも、ワックスやクリームを使用したアンダーヘアの脱毛方法があり、剃るのが面倒な方にはお勧めです。クリームは作用が穏やかなので、痛みや肌荒れが気になる方には重宝するに違いありません。また、ムダ毛の上から塗ったワックスを一気に剥がせば、短時間で処理が完了するというメリットがあります。

しかしながら、どのような方法であれ肌にダメージを与えていることには変わりがないので、肌の沈静化が図れる保湿ローション等でアフターケアを行う必要があるのは言うまでもありません。